【地方から東大へ】公立高校の進学指導重点校のおかげで… | feel my force

公立高校の進学指導重点校

子育て

都立日比谷高校が進学指導重点校指定によって一気に東大への進学者が伸びた話は有名ですね。いまや、学附をしのぐレベルで東大合格者が多くなりました。

 

実はこれ、いろいろな都道府県でやっていて、ウチの子達が通った高校も

進学指導重点校

です。

スポンサーリンク

公立の進学指導重点校制度は結構おいしい

どうして、高校から大学受験の準備を始めてもこんなに結果が良いか、については、以前ちょっと触れましたが、

要するに、

大学受験は、高校入学から始めても間に合う。

みんながいっせいに同じカリキュラムで始めるので、指導しやすい。

その地域の選りすぐりの教員が進学重点校に配置されるので、指導力が高い。

ということですね。

教員の質だけで言えば、やはり都道府県の教員採用試験を突破した人たちは優秀ですよね。

 

実力テストという謎テスト

子どもたちが通った高校には、実力テストという範囲無指定のテストが年に2~3回ありました。

 

100点満点の平均点が20~30点になるように作られたテスト。各教科の先生が1問ずつ知恵をしぼって作問していて、その作問内容で、実は教師の側の”実力”が測られている?テストです。

これだけ外部の模試が増えてきたのに、どうしてこんなテストがあるのか、どうしてそんなに難しく作るのか、どうしてなくならないのか、、、

ずっと疑問に思っていました。それが同じ高校に子ども二人を通わせてやっと見えてきたのですが、、、

上の子の時は開示されなかったのでわからなかったのですが、下の子の時は、面白いデータを高校の進路の先生が開示してくれました。

それが、

高校3年生の時の実力テストの順位と、現役・浪人の進学状況との相関関係の表

です。

順位を20人くらいに区切って、現役で進学した大学別人数、浪人した人数、

浪人した人たちだけを対象にした、高校時の実力テストの順位と、一浪後に進学した大学別の人数。

 

この表を見ると、例えば、

現役生は実力テストで上位20位以内にいれば、ほぼ全員東大京大国立大学医学部医学科に合格、、、

そこから外れると、合格率が下がっていく、、、

とか、100位以内だと現役で旧帝に合格できる可能性が高いとか、、、

一浪すると、100位でも京大合格、などです。

     

有名私立高校ではこのような校内データの蓄積が行われていて、進路指導にがっつり役立てているときいたことがあったので、公立高校もやればいいのに、と、思っていました。

公立高校もやってたんですね

     

また、よく公立トップ校の現役進学率の低さが話題になりますが、上位20人はほぼ100%、次の20人は80%だった、

のようなデータも載っています。

 

毎年配られる校外秘の進路指導の資料にも、ここまでは載せられていなかったので気づきませんでした。

    

外部模試がそんなに多くなかった、あるいは、全国規模じゃなかった何十年も前からの蓄積でしょうから、

それはつまり、その高校内での資料という意味だけでなく、地域の生徒の力を表している指標ともなります。

 

息子の時はこのデータの開示があったため、校内実力テスト=単なる平均点の低いテスト、という位置づけではないということが明確になり、ワタシも大いに参考にさせてもらいました。

まぁ、ほんとに難しいテストだったみたいですけどね。そうしないと、上位層の順位がきちんとつけられないからだったと、ずいぶん経ってから気づきました。

    

全国のトップレベルの高校では、このような実力テストを実施していることが多い、ともききました。

 

模試の結果も他公立高校と共有

高校内のデータ蓄積だけでなく、

都道府県をまたがった、公立トップ高校どうしで連携して、おそらく日本で一番母数の多い、多くの学校の高1生・高2生が受験する外部模試(=進研模試)の結果を大まかに共有もしているようでした。

実際に、その模試の学校偏差値、偏差値別人数のデータや、1年生から2年生までの伸びなども、 (高校名は伏せてありますが)他都道府県の超有力な公立高校数校のデータと比較した形式で配られたことがあります。

もちろん、センター平均点も共有していて、◇◇高校よりどうだった、こうだった、という説明もありました。

 

私立高校とは違い、都道府県や地域をまたがって生徒を取り合うことがないので、データの共有をしても問題がないのでしょうね。

  

このような進学重点校制度の効果で、子どもたちの通った高校も制度が始まってから毎年東大・京大合格者を増やしてきました。

 

都道府県が重点校に指定するくらいですから、当然指導力のある先生が集まっていきます。

「公立学校の先生は転勤があるからどこも一緒」ではない

ことも感じました、明らかに学歴の高い、指導力のある先生が多かったので。

 

毎年4月になると、全国の高校別大学別合格者数を載せた週刊誌が発売され、あっという間に売れるほどみなさんの関心は高いですが、当の高校の先生方は、ただメディアにあおられているのではなく、

こうやって、学校同士が競い、連携し、

先生同士も競い、連携していたのですね。

その結果、公立高校のレベルが上がってきているとしたら、かなり有難いお話です。

 

お子様の高校、あるいは進学を考えている高校が進学重点校に指定されているかどうか、ぜひ調べてみてください。

 

娘の成長の記録は、時計どおりに綴っています。どうぞ いちひめ もご覧ください。

 

≪ にたろうの前の記事

にたろうの次の記事 ≫

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました