二人の子を国立大医学部医学科と東京大学に合格させるまで | feel my force

小学校第二次選考

子育て

無事に受験をした娘。

この結果は、郵送で送られてきます。

 

そして、

もし受かっていれば

第2次選考は抽選です。

 

スポンサーリンク

速達で届く

一次選考の結果は指定日(平日)に速達で届きます。

速達といえば、前日に出したものが翌日の午前中に着くわけで…

    

朝、いつも通りに子どもたちを幼稚園に送りだし、、

 

不合格でもいい、不合格でもいい、合わない学校なら不合格でもいい…

      

と、かなり後ろ向きな気持ちのまま、速達が届くのを待ちました。

 

「ピンポーン」

 

お昼前、とうとう、速達郵便が届きました。

娘が帰宅してから一緒に開けるのは、不合格の時にかわいそうなので、、、

ワタシが代表して、開けました。

 

  

え?合格?

おめでとう。

合格したんだ。合格かぁ。。。え、すごい!

 

よくがんばったね。

 

「合格者は下記により第二次選考を行いますので、出席してください。」

 

この通知を受け取るまでは、

不合格でも仕方ないし、それもまた人生、、、

って本気で思っていたのですが、この通知をもらって、気持ちが変わりました。

     

ここまできたら、合格させてあげたい。

二次選考に親が出向く意味

改めて募集要項を見ると、

第一次選考の合格者は、第二次選考(抽選)を行います

とあります。

  

また、

会場へは保護者一名しか入れない(受験児童や乳幼児の入場も一切禁止)とも。

ええ、わかってましたけど、子どもの将来をワタシが決めるのか…

改めてそう思うと、正直震えます…

   

ちなみに、ワタシ自身が国立小学校を受験した時は、ワタシと母の二人で小学校へ行き、ワタシ自身がピンポン玉を引きました。

当時の抽選方法は、まず受験児童が番号の書いてあるピンポン玉を一人ずつひいた後、

先生が基準となる番号を別のくじでひき、その番号よりあとの人と、折り返して1番から定員までの人が合格でした。

ワタシのひいた番号が割とギリギリだったことを覚えています。。。

確かに、あそこで自分の引いた番号が不合格の番号だったら…それはそれでトラウマか…

 

親が引くというのは妥当なのかもしれません。

いつから子どもが引くのをやめたのかな、、、おそらく、親が引く制度に変えることも、いろんな議論があったのでしょうね。。。

 

第二次選考に参加する

第二次選考当日も平日で、朝は普通に子どもたちを幼稚園へ送り出しました。

幼稚園の同じバス停仲間のママの皆さまにも、これから小学校のくじ引きに行ってくることを伝えました。

ここは覚悟を決めていくしかない。

 

手も足も震えてましたし、心臓もドキドキでしたが、とにかく行くしかない。

    

集合場所は体育館。

受付の先生方は相変わらず厳しい顔のまま、まずは抽選順を決めるくじを引きます。

所定の席に着くと、壇上に、いわゆるガラガラ抽選の抽選機がど真ん中に置いてあって、他の保護者の皆さんも静かに座っています。

 

ドキドキしながらも、パイプ椅子の数を数えたところ…

男女それぞれ、定員+10席くらい並べてある?かな。。。

10人かぁ。。。

席が前の方だったため、あまりじろじろもできず、結局何席並べてあるのか数えられなかったのですが、、、

 

受付時間が終わり、保護者が座り終えました。

席の全ては埋まっていません。

 

そして、司会の先生の抽選の仕方のお話の後、校長先生が登壇されました。

いよいよだー。ドキドキ。

そして、校長先生のお言葉。校長先生のお顔は、眉間にしわを寄せて、怖い顔マックス。

 

「今年度の第二次選考は、抽選はなしとします。従って、ここにお集まりの皆さんは全員合格です。」

 

会場から安堵のため息が漏れて、空気が温かくなりました。

校長先生のお顔が、さっと笑顔になりました。

    

先生、あの怖い顔って、演技だったんですか⁉ 

 

最後に、これをもらって帰ります。

入学許可通知書。

「おめでとうございます」と、受付の先生方が、最初とは打って変わった笑顔で渡してくださいました。

怖い顔と笑顔のルール、何かあるんでしょうか?

   

それはさておき、これで、入学が決まりました。

 

決まったよ、入学することになったよ。

前に進もう。

 

当時でも、地方国立小学校の抽選は、必ずやるものではなく、抽選をしない年もあると噂されていました。ただ、娘が受験した次の年は抽選があり、その基準はわかりません。

また、双子ちゃんについては、娘の学年は2組いらっしゃいました。次の年は双子ちゃんが3組受験され、2組合格されたそうです。

さらに、各学年に、日本国籍ではないお子さんもいらっしゃいました。

 

息子の成長の記録は時計の逆回転で綴っています。どうぞ にたろう もご覧ください。

 

≪ いちひめの前の記事

いちひめの次の記事 ≫

 

  

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました