娘の国立小学校受験。第一次選考。お弁当を持って娘と二人で朝から出発! | feel my force

小学校第一次選考

いちひめ

受験当日、女の子は、朝 7:40 から受付です。

幼稚園は10時から始まるのにくらべ…早い…

(小学校がそんなに早いって、当時はあまり認識してなくて…)

 

お弁当の中身をチェックされるよ

という、どう考えてもありえない都市伝説が頭をよぎり、、、

一応、まぁまぁ体裁の整ったお弁当を早起きして二人分作りまして、

いざ出発です。

行こう!

 

スポンサーリンク

受付は…

小学校に着くと、もう受付が始まっていました。

先生方、、怖そうな男の先生ばかりだ…しかも、どの先生も厳しそうな顔です。笑わないように言われているのかな…

 

まずは、上靴の名前の部分のチェック。

ここで、名前にテープを貼っていない人は、先生が手際よくガムテープを貼ってくれます。

 

え”---それって、募集要項に貼って来なさいって書いてあったじゃん、

それで貼ってこなくても、学校はガムテープを貼ってくれるんだ~

 

ワタシとしては、びっくりです。

これは減点要項じゃないんだ。

 

次に、受験番号をくじ引きで決めます。

これも知らなかったぞ。

出願の時の受付番号とは違うんだ。

 

くじで引いた番号のビブスを着せてもらって、ここで親子が離れます。

 

娘は、小学生のお姉さんに連れられて体育館の方へ行きました。

怖いお顔の先生方とは対照的に、お姉さんたちがにこっとしてくれて、優しい。

それだけでほっ。

 

行ってらっしゃい (@^^)/~~

 

保護者のワタシはといいますと、指定の教室へ案内してもらい、

ひたすら、ひたすら、待ちます。

 

公平感がある

受付で、名前を隠していないお子さんの上靴には、先生がテープを貼ってくださっているのを見たワタシ。

このおかげで、一気に緊張感が取れました。

 

ここの学校、ちゃんと公平に考査をしようとしてくれているんじゃないか。

    

だってね、それまでにちょっとだけですけど、耳にしてたんですよ

例えば、

  • 「トイレに行きたい人は行ってください」と指示された時以外にトイレに行ったら減点
  • 待ち時間に静かに待てなかったら減点
  • お弁当のチェックあり

みたいなことを。

どれも、募集要項には書いていないことですが、まことしやかに言われるんですよね…

 

百歩譲って私立ならありかもしれないけれど、国立だし、そのどれもが理不尽だし…

とてもまともに受け止めることはできないけれど、、、

かといって、無視もできない。。。

 

という思いを払拭できないまま、ここまで受験の準備をしてきたのですが、、、

 

そんなこと関係ないかも、公平に試験だけで採点してくれるかも…

 

保護者の控室は二部屋あり、定員も男女40名ずつでしたので、倍率は約2倍ということですか…

各部屋に小学生の女の子が二人ついて、控室の保護者と一緒に過ごします。

 

6年生なのかな?めっちゃお姉さんで、きちんとしていて、かわいらしくて、、、

文庫本読んでる!小6って、もう文庫本読むんだ~

あの姿、憧れる…

 

保護者のワタシ達も、本などを読みつつ、静かに静かに待ちました。

時々、2階でドンドンと飛び跳ねているような音が、天井を通じて伝わってきます。

何してるのかなぁ~

 

お昼に戻ってくる

長い長い待ち時間を経て、グループごとにお姉さんに連れられ、子どもたちが戻って来ました。

 

お帰り!

いつもの顔で戻って来ました。

 

とにかく、お弁当、食べよう!

 

お弁当のおかずのチェックは、ありませんでしたよ。

(そもそも女の子しかお弁当の時間がないんだから、お弁当のチェックなんて、あるわけありませんでした)

 

保護者控室の担当の小学生のお姉さんたちも、そこで一緒にお弁当を食べてました。

時間が来て、やっと解放!お疲れ様!

帰ろう!

 

断片的だけど…

帰宅してから、娘が言っていた考査の内容はこんな感じでした。

  • 1グループは5人
  • グループごとに各教室を回って試験を受ける
  • 黒板に歌の曲名が書いてあり、その中の1曲を歌う
  • 鈴がいくつかあって、一人一つずつ持って、音楽に合わせて踊る
  • おもちゃがいくつかあって、ほかの子と一緒に遊ぶ
  • 体育館には、マットなどがあって、指示通りに動く
  • 絵を描いて、はさみで切る。別の用紙に切ったものを貼りながら作品を作る
  • 公園で子どもたちが遊んでいる絵を見せられて、いけないことをしている子を説明する

実際は、もっとたくさんの種類を受けたはずなんですけど、、、

娘が教えてくれたのはざっとこのくらいでした。

(水仙の花は出なったみたいだ!)

  

さて、  

〈鈴を選んで音楽合わせて踊る〉

という課題で、色とりどりの鈴があったのだけど、ピンクの鈴が取り合いになった。自分は黄色の鈴を取った。

とのこと。

      

こういうところで、ちゃんと譲れるかは、考査の対象になっていそう。

誰も選ばなかった黄色を選んだんだね、偉いじゃん。

 

これらの娘の話を聞いて、本当にほっとしたといいますか、また、お昼と同じ気持ちになってきました。

 

公平に考査してもらってる。

そして、娘はそれなりに頑張ったみたいだ。

もうそれで満足。

 

これで不合格だったら、それは、娘はこの学校に行かない方が楽しい小学校生活を送れるよ、って意味だから、それはそれでOKだ!

 

って思っちゃったんですよね。

正直、小学校6年は長い。

別に、この学校が、娘を不適合と判断するなら、それでいいです。

合わない学校に無理をして通っても本人のためにならないし。

  

完全に開き直りました。

 

(と言いつつ、やっぱり、受かってほしかったですけど…)

  

発表は、数日後に郵送で届く予定です。。。

 

≪ いちひめの前の記事

いちひめの次の記事 ≫

 

    

*お受験専門店で買った、サブバッグ。自立してくれて、結構いろいろ入って、その後の儀式の時も大活躍してくれました。かなりおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました