二人の子を国立大医学部医学科と東京大学に合格させるまで | feel my force

受験準備

子育て

もらってきた募集要項。

シンプルな内容なんですけど、絶対守らないといけないことがたくさん書いてありました。

 

 

スポンサーリンク

とにかく、募集要項をよみこむ

 

〈選考当日の注意事項〉

〇女児: 7:40~ 受付、8:10~ 説明・移動、8:50~面接、11:50~昼食、12:40 帰宅

〇男児: 12:00~ 受付、……

(男の子は午後からです)

持ち物

  • 受験票
  • 昼食(女児と付添人)
  • 水筒(付添人)
  • 上履き用ズック靴(受験児童)
  • 上履き(付添人)

そうなんです、女の子は保護者と本人のお弁当が必要です。終わったらさっさと帰らせて欲しいわけですが、、

男の子との入れ替わりの際に、子ども同士・親同士がコンタクトをとれないよう、

女の子が校内の教室で昼食をとっている間に、

男の子の受験者が受付を終了させ、別室で待機するためのものでした。

 

〈受験児童について〉

  • 筆記用具はいりません
  • 服装(上履き用ズック靴も含む)は、目立つものを避け、名前やイニシャルを一切つけないでください(名前が書いてあるものは、ガムテープ等で覆っておく)
  • 活動のしやすい服装で受験させてください
  • おトイレは必ず家で済ませてきてください

 

服装…目立つものを避ける+活動しやすい服装、名前やイニシャル等を一切つけない、か。

 

ということで、スカートはだめよね…地味めな色のキュロットにしよう。

 

上は、ワンポイントも何もない紺系のカーディガン、

 

全体的にいかにも目立たない服装を準備しまして、、寒くないよう、暑くもないよう…いざとなったら自分で脱げるように…

試験前に何度か着せて、慣れさせるようにしました。

 

上靴…名前の書いてない上靴が望ましいってこと?それとも、名前を隠せばいいの?

うーん、わからないけど、、、深読みはやめて…幼稚園の上靴にしよう。

前日に持ち帰らせて、名前のところに白いビニールテープを貼ればいいね。

          

〈付添人について〉

  • 付添人は、保護者一名(原則として父母)に限ります
  • 会場管理係の指示に従い、指定の教室を離れないでください
  • 持ち物は常時携行してください
  • 受付後の外部との連絡は原則として禁止。携帯電話等は持参しないで下さい
  • 当日、本校教官との面談は禁止します

当時はまだ、携帯電話を持ってこないで、が、通用する時代だったんですね…

っていうか、ワタシの記憶によると、NTTドコモの i-mode という携帯電話でメールのやりとりができるようになってまだ3~4年しか経っていなかったので、

むしろ、携帯電話を持ってきた保護者が過去にいて、付け加えたほうかも。

       

本校教官との面談って、、、これもきっと、後で加えた感強いな…ワタシは誰も知らないから関係ないな。。。

 

〈受付〉

ここには、受付の部屋とか順序などか書かれているのですが、一番大事なのは

所定の時間で、受付を締め切ります。

欠席の場合は、受験を取りやめたものとします。

構内への車両乗り入れ禁止、正門前での乗り降りも禁止します。

という点。車を使って行ってはいけないし、遅刻も厳禁です。

 

募集要項チェック完了。

こういうところで、お受験教室に通っていると、いろんなアドバイスがもらえるのでしょうが、

いろいろ耳に入れるとかえって混乱するし…とにかく、この募集要項に従えばいいはず、と、

余計な不安感を持たないようにしました。

お友達に…

受験することを表明していなかった我が家。

そろそろ、いつも仲良くしている、同じバスに乗るお友達に言わなければいけません。

 

特に尋ねられなかったから、言ってなかっただけ、といえばそうなんですけど、

黙って受験するのもね。。。

と、そろそろお友達のママに言おうと思っていた矢先、

 

娘が先にお友達に尋ねられて、小学校受験するよ、って答えた、

と、(娘からではなく)そのお友達のママから先に言われました。

(あ~気まずい…ごめんなさい、もう言おう言おうと思っていて、伝えてなくて…)

 

「伝えてなかったけれど、受験する予定です。でも、教室とかに通っていたわけじゃないし、受かるかどうか全くわからなくて…受からなかったら、春からもまた、よろしくお願いします。」

 

と、正直に言いました。

それしか言いようがないですよね。。。

 

そのお母様も、そのお友達もとってもいい方で、普通に応援してくれました。

ありがとう。

 

幼稚園へ…

受験というと、何日か前から休みますか?どうしますか?

というのが、必ずついてまわりますよね。

受験前のお休みと言えば、一番取りざたされるのは中学受験で、1月中旬から、とか、冬休みからそのまま…とか、長くお休みされて、受験に臨む話も耳にします。

 

こんな地方の国立小学校受験でも…、1週間前からお休みしていたお友達もいました。

我が家も、インフルエンザとか流行っていたら休んだかもしれませんが…

 

なるべくいつも通りに過ごしたかったので、

普通どおりに幼稚園へ行かせて、

幼稚園の先生には、受験日だけお休みさせることを伝え、

当日に備えました。

   

無事にここまで来ることができて、感謝です。

 

ドキドキ。。。

   

息子の成長の記録は、時計の逆回転で綴っています。どうぞ にたろう もご覧下さい。

 

≪ いちひめの前の記事

いちひめの次の記事 ≫

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました