【地方国立小学校受験】メリットやデメリット。迷ったこと将来のこと。 | feel my force

国立大学の附属小学校について調べる

子育て

国立大学の附属小学校の最高峰といえば…

やっぱり、筑附 ですね…

続いて、学大附、お茶附、、関西だと、大教大附、京教附… 有名です。

 

筑波大学附属小学校は、まず、受験資格を得るための抽選があって、次に二次選考、最後はまた抽選です。平等を期すためとはいえ、過酷です。。。

    

そして、大都市圏の国立小学校のもう一つの問題は、つながっている先の国立高校が必ずしも地域トップ校ではない点。

筑附高と学附高以外は、首都圏も関西も東大進学者数がとても少ないです。

っていうか、全国で見ても、広島・金沢ががんばっているものの、東大合格者数という点ではそんなに多くないのが現状です。

 

また、国立小学校に入った後、中学には”連絡入学”という形で進学できるのですが、高校は入試を経ないといけないので、上がれない生徒さんもいらっしゃるとか…

 

それなら、小学校は公立小学校で、中学から私立中高一貫へ行かせた方が伸び伸びと育てられるのではないかと、正直思う部分もあります。

とはいえ、中学受験をさせることはそれなりに大変なので、そう簡単には言えない現実が。

     

で、我が街のような、附属高校のない地方の国立大学の附属小学校はどうかといいますと、おそらく中学までは連絡入学で進学し、そこから横並びで地域の高校の受験をするパターンだと思います。

 

と、ここまでを念頭に置いて、

メリットデメリットについて考えます。

 

スポンサーリンク

地方の国立小学校のメリット

当時、ワタシなりに考えた、国立大学の附属小学校のメリットはこんな感じでした

  1. 附属中学校へ連絡入学できる
  2. 10年先の教育を踏まえたカリキュラムを実践している
  3. 希望して転勤してこられた、やる気のある先生が集まっている
  4. (たぶん)保護者の意識がちょっと高そう→友だちも?

この中でワタシが一番重視したのが、

  • 附属中学校へ連絡入学できる

でした。こちら でもちらっと書きましたが、附属中学校から、将来通わせたい地域トップ校への進学率は、5割近かったので。

他の公立中学校からは、一番多い中学でも20名程度で、率としては1割程度です。

   

田舎の 地方ながら、いや、地方だからかな、集まるところにいないと情報も入りませんし、士気も下がるし…中学の3年間はとても大事なので…

そしてその、附属中学校に入るためには、各公立小学校でほぼ1番、あるいは常にトップグループにいなければいけません。

    

それ以外の、

  • 10年先の教育を踏まえたカリキュラムを実践している
  • 希望して転勤してこられた、やる気のある先生が集まっている
  • (たぶん)保護者の意識がちょっと高そう→友だちも?

  

は、ごめんなさい、後付けです。そうだといいな、そうじゃなくてもしかなたいな…という 妄想 想定でした。

ワタクシ自身が、国立大学の 附属小学校→附属中学校 の出身でして、まぁ時代は違いますが、だいたい合ってました。

その中でもワタクシの時代の10年先の教育がどんなのだったかといいますと、

  • 月例テストがあって、(やんわりと順位づけられて)クラス内で競わされる
  • 全国の国立や私立中学の入試問題を解かせる
  • 算数の問題で方程式を使って答えても〇をもらえる

   

今なら、学習塾がやるようなことを学校でやっていまして…

    

これをご覧の保護者の方で、ご記憶にある方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

力の5000題(現在は絶版)、とか 自由自在 なんていう

     

中学入試用の分厚い問題集を、学校で買わされてやってました。

こんな授業を学校でされるのですから、塾とか必要ないですよね…

 

当時、附属中学校の入試を受けて入ってきた友達にきいたら、附属小学生が学校でやってるってきいたから、自分も力の5000題を買って勉強した、と言っていました。

 

この教育が、その10年後の公立小学校でなされたかどうかは定かではありませんが、

これが行き過ぎた結果、ゆとり教育が生まれたんじゃないかな、とまで密かに思ったりしていまして。。。

    

ワタクシは、この教育のおかげで算数が大好きになったので感謝をしていますが、

嫌だと思った小学生の方が多かったから、さらにその10年程度後にゆとり教育に切り替わったのだろうと思うと、

 

どっちもどっちって感じですね。

 

当時の行政や文科省も、いいと思って進めたんでしょうけど…

国立小学校の入試におけるうわさ

小学校入試に関するうわさについては、当初よりは まともそうな 信用できそうな情報が出てきまして…

  • (あくまで教育実験校なので)いろんな子が合格する
  • (あくまで教育実験校なので)双子ちゃんは合格しやすい
  • 教育実習しやすいよう、指示をきいて正しく行動できる子が合格しやすい
  • 上の子が合格したからといって下の子が合格するとは限らない

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれないし…年によって違うかもしれないし…うーん。

 

地元の公立小学校へ行かないデメリット

次に、住んでいる地域の小学校へ行かないことのデメリットについても考えました

  • 地域のお友達ができにくい
  • 地域の行事に参加しにくい
  • いろんな家庭や考え方に接するチャンスを失う→友だちも?ママ友も?

これは本当にそうで、自分も経験者なので、まぁ、わかります。

 

ご近所付き合いががらっと変わっちゃいますよね…

わかります。わかるんですけど…

 


    

たぶん、附属小に行かなくても、附属中学校への中学受験は絶対させたいし…

   

ということで、附属中学校の受験のための受験塾を調べたところ、市内の大手塾、個人塾などが中学受験クラスを開講していて、4年生になったらぼちぼち入る感じです。

4年生なんて、あっという間にきます。たぶん。

それなら やっぱり 。

 

そのために、小学校不合格でも、地域の中では人気の校区を選んで家を建てたわけだし…

 

当時のワタシ、ちょっと思いが強すぎました。

それしか見えてないっていうか…

 

その理由は…、そうです。情報が足らなかったから、それが大きな不安になっていたから。

ゴールの姿が見えないので、逆算しにくい。

    

とはいえ、お受験塾の先生に煽られたくなかったから、入塾もしないという…

中途半端かもしれませんけど、

無駄に思いは強かったっていいますか…

 

それが吉と出るか凶と出るか、全くわからなかったし、でも、前に進むしかなかったし、他にどうすればいいのかもわかりませんでした。

 

揺れてますね~。

当時は、そんな思い満載で子育てをしていたのですが、我が家が子ども二人を地方で育てて、大学入試を経て、どうだったかといいますと、

こんな感じ(ぜひ、こちらもお読みください)

でした。

あくまでも我が家の場合ですし、はすちゃん独自の概算であることをご理解ください。

  

 

ところで、皆さま…

 

自分が大切に育ててきた子を、他人様にジャッジされるのって、本当は、いやですよね~。

  

だって、みんなが、そのご家庭にとって100点満点の子でしょ。まだ、6歳ですよ。

生まれてきてくれてありがとう!でいいじゃん!みんな、満点の子で、これからの日本を背負っていってくれる貴重な子どもたちだよ!

 

(開き直る)

 

あーやっぱり、肩に力入りすぎてます。

 

また、余計なことを書いちゃいそうなので、そろそろ終わりにしないと…

 

今回も、お読みくださりありがとうございました。

 

息子の成長の記録は、時計の逆回転で綴っています。どうぞ にたろう もご覧ください。

 

≪ いちひめの前の記事

いちひめの次の記事 ≫

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました