二人の子を国立大医学部医学科と東京大学に合格させるまで | feel my force

懺悔

医学部受験

そういうことと無縁でしたよーって顔でこのブログを書き進めることもできるんですが、、、 これは避けて通れないっていうか、 、、

 

やっぱり、今回はこの話題。

 

一度だけ、子どもを叩いたことがあります。

 

スポンサーリンク

慌ててやってきた母に叱られた

いよいよ息子の出産を控え、実家に戻っていた時です。

母がワタシの分のごはんは作ってくれたのですが、娘の分はワタシが作って食べさせていました。

 

一口大に握ったおにぎりとか、少量のおかず。

さあ、食べましょう!

 

と、楽しいお食事タイムになるところだったんですが、ほとんど食べないで、並んだおにぎりで遊びだした娘。

ふだんなら、ごはんで遊んじゃダメだよ、とか、じゃあしまいましょう、などを言い続ければよい程度の事案です。

小さい子ですからね、普通にお腹が空いてなかっただけでしょう。

なのに、あの時は、すごく腹が立っちゃって…

 

おにぎりで遊ぶのをやめない娘の頬を

ピシッ

と。こんな自分、初めて。

 

娘はびっくりして、うえーん。

 

その声にびっくりして、別室にいた母がとんできました。

 

事の顛末を、超イライラしながら母に訴えたところ、

それでも叩いちゃダメ。

と、きっぱり言われ、母にひと通り叱られました。

 

ワタシ自身ですか?

小さい時に、たぶんおしりを叩かれたことはあります。

でもどうして叩かれたのか覚えてない、程度。

  

そんなワタシが常軌を逸して、弱き者を叩いたのは、やっぱりいけません。

 

子どもが親を叩くことはしませんものねー。

やっぱりいけません。

あの時、母がワタシを叱ってくれてよかった。

 

中学の家庭科の授業で

これは息子が中学生だった時に、家庭科の授業で先生からクラスに質問されたらしいのですが

 

「お父さんお母さんに叩かれたことのある人、ない人、」…

「叩かれたことのない人はね、あなたが偉いんじゃないのよ、お父さんお母さんが偉いのよ。」

 

と言われたそうです。

 

「ボクは叩かれたことがないのは、お父さんお母さんが偉いんだね」

って、わざわざ報告してくれました。

 

家庭科の先生にはすごく感謝だけど、本当は叩いてなくても、言葉の暴力とかも、数に入れないといけないよね…叱る、がいつのまにか 怒る、になっていたことも一時期よくありました。

 

全然偉くない母親です。

 

子どもを叩くことの功罪は永遠の話題の一つですが、ひとりのお母さまの言葉に、当時のことを思い出したことがあります。

 

そんなになるほどストレスを溜めないで、とか、力を抜いて、とか、サボって、なんて世間の人は言うけど、子どもからひと時も目を離せないこの現状で、どこをどうサボれっていうの?

   

本当にそうです。っていうか、ワタシなんかサボれる部分は既にサボってます。それでもいろんな思いがあるんです!

(甘え?そうかもしれないけど、ワタシが壊れたらみんなも迷惑でしょ!)

 

そういう時に頼りになるのは、やはり夫です。母です。

1時間でいいから。いや、3時間。あ、できれば明日の朝まで…。

ワタシの場合、夜、独りで眠らせてもらったことがあるんですが(ただ単純に、子どものいない部屋で寝るだけのイベント)、これがかなり気分転換になりました。今晩はひとり~♡っていうだけで、軽くお泊り気分♪

 

仕事から帰宅した夫が、ワタシの顔色を見て、、、ずいぶん手助けしてくれました。今も感謝しています。

 

 

ちなみに、娘はそれから、一度もごはんで遊ぶことはありませんでした。

あ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁぁーーーーー

娘の方が一枚上だ!

 

息子の成長の記録は、時計の逆回転で綴っています。どうぞ にたろう もご覧ください

 

≪ いちひめの前の記事

いちひめの次の記事 ≫

コメント

タイトルとURLをコピーしました