二人の子を国立大医学部医学科と東京大学に合格させるまで | feel my force

くもんえんぴつ と クレヨン

いちひめ

これは、ワタシが娘のために初めて買った「くもんえんぴつ」です。文具入れに、一本だけ削っていないのが残ってました。

この、くもんえんぴつ、三角形です。

太いです(普通の鉛筆削りには入りません)。

当時は6Bだけでした(たぶん)。

つまり、持ちやすく、筆圧が弱くても書ける、を狙ったものですね。

これ、今も普通に売っているので、それなりに意味があるのでしょう。

ところで、この、くもんえんぴつ、一つだけ問題があります。

それは…

 

スポンサーリンク

くもんえんぴつは、ママが削る

問題とは、削る手段がカッターナイフしかなかったこと。

 

ワタシの子ども時代には、既に鉛筆削りがあったのですが、ワタシの親世代はというと、小刀で鉛筆を削る時代育ちでした。

だから、自分が育った家にはまだ、小刀がありました(親も鉛筆削りで削ってましたけど)。

 

でも、さすがにもう、お父様のお仕事関連以外で、一般的に小刀がお家にあるなんてこと、ないよね…

ということで、カッターナイフで削りましたよ。

下手ですけど。実際、尖らせる必要はないので、ざっくりとしか削りませんでしたけどね。

(注 くもんえんぴつ専用の鉛筆削りも別売であります)

 

あとは、紙を用意しておいて好きなだけ描かせます。

これはなに?

とひとつひとつきく。

”作品”は生活に密着しているものが多いので、今日食べたもの、とか、見たことのある乗りもの、とか、わたし、とか、とか、とか…

(ぐるぐるぐるって、描いてあるようにしか見えなかったけれどね、hahaha)

 

そんな”落書き”が膨大にあって、もう捨てちゃったし、もう忘れちゃいましたが、とにかく、何かしら描いてました。

 

くもんの幼児ドリルシリーズ、というのがあって、このシリーズはいろいろと買いました。

初めての鉛筆を持つお子様用 基本運筆力を身につけます

なーんていうキャッチコピーと目があったら、買っちゃいますよねー(こういう言葉に弱いのよ、ちょろいなワタシ)。

ただ、縦線・横線・斜め線・波線…を枠に沿って線引きするだけですけど、買っちゃいました。この後も、初めての数字だの初めてのひらがなだの初めての計算だの…ずいぶん貢いだな~

 

このドリルは2歳~となっていましたけど、満1歳検診では「〇を描けますか」という質問があるそうです(ちょっと覚えてない)。

だから、1歳前から鉛筆やらクレヨンやらを、どんどん持たせましょう。

あ、

別にこういうのを買わなくても、

今ならぜひ、パソコンで自由に作ってあげてください。お母さんも楽しいと思うので。

おすすめのクレヨン

クレヨンといえば、ミツロウ製。

ミツロウといえば、クレヨン。

なのに、

当時の私の守備範囲に、ミツロウ製のクレヨンがありませんでした。

あーあ。

だから、ごく普通の紙巻きのクレヨンを買って、使ってました。。。

(クレヨンってね、一家に一組買ったら兄弟で使えちゃいます。しかも、幼稚園入園時には一人に一つ、買わされます。だから、買う時はぜひ、納得のいくものを買ってあげてください)

  

娘がちゃんと鉛筆持ちができるようになってから出会ったので、我が家は結局買わなかったのですが、、、

一押しは、 Baby Color (ベビーコロール)です。

口に入れても安全なミツロウ製。

しかもペン持ちではなく、上からがっと掴んで描くことができるので、ごく小さい赤ちゃんでも持てます。

しかも、終わったら楽しくスタックできる!

これは買ってあげたくなりますね~。

 

少し大きくなってペン持ちができるようになったら、オーソドックスなクレヨン(か、色鉛筆)も買ってあげてください。

クレヨンとか色鉛筆とか、子どもは大好き。

別に意味のあるものじゃなくてもいいので、たくさん描かせてあげてください。

 

今思うと、こういう時間が、とにかく大切な時期でした。

 

息子の成長の記録は、時計と逆回転で綴っています。どうぞ にたろう もご覧ください

 

≪ いちひめの前の記事

いちひめの次の記事 ≫

コメント

タイトルとURLをコピーしました