二人の子を国立大医学部医学科と東京大学に合格させるまで | feel my force

母乳 and ミルク

子育て

そうなんです。

前回に続いて、、、これも? (でも、今日は vs ではないです)

はい……うちの子は、ミルク育ちです。

母乳が出なかったので。

これもね、いろいろありますよね、母乳を出すマッサージとか、そういう教室。

マッサージはしたけど…出なかったのよ。

母乳には赤ちゃんに必要な免疫成分が含まれていて、とても重要。

わかります。

これは布おむつと同レベルで語るような問題ではないです。

母乳は大事です。

でも、あげられませんでした。

ごめんね。

 

スポンサーリンク

開き直りません

元祖はすちゃん
元祖はすちゃん

母乳をあげられなかったと嘆いているはすちゃんに追い打ちをかけるようですが…

初乳(出産後10日以内に出る母乳)はあげましょう。初乳には豊富な栄養・細菌などから赤ちゃんを守るための免疫成分がたくさん含まれているので、たとえ少量でも赤ちゃんに飲ませてあげましょう。

     

 えーっと…初乳は、娘にも息子にも飲んでいただきました。  

ミルクのメリットもあって…(PCでご覧の方、気持ちが字のサイズに表現されていることをお察しください)

ワタシじゃなくてもあげられる

ってところですね。

パパとか、母とか、ずいぶん代わってくれました。ありがとうございます。

あとは、ワタシが何を食べても飲んでもよかった点。

妊娠中は、一切のお酒とか、赤ちゃんに悪そうなものはやめていたので、久しぶりのビール!なんとビールの美味しかったことか。

一応、免疫的に低いかもと考慮して、食べ物や外出にはかなり注意しました。おかげさまで、急に高熱を出したり、異変があったりということは、幼稚園に上がるまでありませんでした。

関係性はわかりませんが、娘はその後もとても元気で、大人になるまでインフルエンザにもかかったことのないような子でした(息子は、しょっちゅうインフルエンザやら、…炎やらにかかっていましたが)。

でも、でも、この件について、これ以上は語れないな。

母親として申し訳ない気持ちもあるので。

ドクダミ茶

ちなみに、妊娠中に口にするもので心がけたことがあって、

ドクダミ茶をのんでいた

だって、そうしたらアトピーになりにくいっていう本を読んでしまったんだもん。

ドラッグストアに売っているドクダミ茶を、ふつうのお茶の代わりに飲んでいました。

そのおかげ?か、子どもたちに確かにアトピーなし。

全く相関関係わかりませんけどね。

元気に大きくなってくれたし、何の問題もなかったけれど、母乳をあげていない件について開き直る気持ちにもなれないので、、、

今日はこれでおしまい!

息子の成長の記録は にたろう で綴っています。どうぞこちらもご覧ください

≪ いちひめの前の記事

いちひめの次の記事 ≫

コメント

タイトルとURLをコピーしました